少し前から唇が乾燥しているのを感じていましたが,数日前からそれが悪化し皮がむけてきました。

これまでにもこの時期になるとかさついていたことはありますが,皮までむけたのははじめて。

そのうえ,ヒリヒリして痛いです。

何かを食べる際にも唇に付かないように気をつけて食べなけらばなりません。

口を大きめに開けて,シッカリ食べ物を口の中に入れながら食べるのは不便です。

食事をした気がしません。いつものリップクリームを念入りに塗ってはいますが,いっこうに症状は治まらず,口角まで裂けてきました。

ここまでなると格好辛い。

そんな時,友達がリップの美容液をくれました。

低刺激で敏感肌でもOKとのこと。早速就寝前に付けてみたところ,翌朝にはしっとり。

数日試していると皮剥けも治まっていました。

これには感動。今後はこのリップ美容液を定番にします。


私の趣味はフィットネスクラブのスタジオプログラムに参加することです。コレがもう楽しくて楽しくて!10年以上続いている大好きな趣味なんですよ。今までいろんな趣味をもっていたんですが、ここまで長く続いた趣味はフィットネスクラブのスタジオプログラムしかありません。ステキな運動仲間もたくさんできて充実した生活を送っています。

たぶん家の中で黙々と運動しているだけだったらこんな充実感は感じられなかったと思います。運動自体大好きなので自宅でも運動するんですが楽しさにおいては大違い!スタジオプログラムに参加すると一体感があるというか、みんな一生懸命ですし、みんな同じような目標を持っているので楽しいのです。

長く通っていると知り合いになった人が退会したり新しい人が参加したり・・・人間模様がコロコロ変わります。でも、それも刺激になって楽しんでいます。高齢になってもスタジオプログラムだけは参加し続けたいな~と思うこの頃です。


前々から欲しかったブランドのTシャツをついにゲットできました。

前から狙ってはいたのですが、仕事が忙しくてお店へ行く暇がありませんでした。

ですが、久々に仕事が早い時間に終わったので仕事帰りにお店へ寄って狙っていたティーシャツを購入しました。

まだうりきれてなくてよかったです。
きっとこのTシャツは私のことを待っていてくれたのだと思います。

これを来てどこへ行こうかなーとか考えるともううれしくてたまりません。
手持ちのあのパンツとあのパンツにはあうなとか靴はこれかなとかヒールをあわせたら女性らしくなるかなとかこのTシャツでコーディネートを考えて家で1人ファッションショーをしてしまいました。

来年もこのブランドからTシャツがでたら買おうかなとかもう来年のことまで考えてしまっています。
やっぱり洋服を買うとうれしくてテンションが上がりますね。


夏になると、ホワイトゴールドとブルーの組み合わせのジュエリーを身につけたくなります。
6月初旬から狙いを定めて、今年はどんなジュエリーにしようかな、と探し始めます。
視覚的に涼やかなファッションって涼感オーラを放ってくれるので、周囲にも優しいオシャレだと思うんです。

ブルー系のカラーストーンと言えば、
ブルートパーズ、ラピスラズリ、トルコ石、サファイヤ、パライバトルマリンなど本当にたくさんあります。
それぞれに特徴があって、いくつか持っていると服装やTPOに合わせて選べるのが嬉しいですよね。
数ある中で今年は、アクアマリンに決定。
端正なペアシェイプを選んで、正統派なコーデに合わせる計画です。

ショッピングセンターに入っているジュエリーショップのセールで、
気分にちょうどドンピシャなペンダントを見つけて購入しました。
アクアマリンの周りに、少しダイヤモンドが装飾してあるデザインです。
ほんのり甘めのテイストで、フェミニン系の服装によく似合いそうです。


どうしても自分の好みの洋服を見つけて手に取ってしまうと、肩幅が広い事をすっかり忘れてしまって、肩幅が強調されている事を無視して即買いしてしまうんです。その為、家の帰っていざ鏡の前で合わせてみた時に冷静にこれは似合わないなって思う事が結構ありましたね。

これまでに一体どれだけの洋服を無駄にしてきたんだろうと自分で呆れてしまいます。でも、どうせなら好きな洋服を着たいんです。せっかく気に入ったデザインの洋服があっても肩幅のせいで諦めていたらお洒落の幅がグンと狭くなるからです。そうは言っても肩幅が突然狭くなるわけじゃないんですけどね。本当に華奢な女性らしい肩の人が羨ましくなります。この肩幅のせいでこれまで色々と損してきました。

嘆いていても仕方がないので、極力肩幅が目立ち難いデザインの洋服はどれかって感じで選ぶしかありません。Vネック等のトップスは肩幅が目立ち難いですね。肩にフリルが付いた物は肩が強調されてしまって失敗でした。


定期計測を控えている前日などは、いい意味でとくに美容エクササイズにパワーが出てくるのが自分で分かります笑。明日は待望の計測!となれば自ずと、ウエストひとつでもエクササイズがいつにも増してキュッ!と締まるイメージや意識を強く持ちながらの取り組みになるものですね。
今日は久々に、ダンベルを取り入れてのステッパーエクサをこなしました。あっという間に全身が汗ばんで、スカッと気持ちのいい爽快感がたまりませんでした。たまにダンベル付きでステッパーを踏むと気持ちがよくてとてもやりがいがありますね。ゆっくりダンベルを上げ下げするときに「効いてる感」を丁寧に感じながら、軽く刺激を与えてあげました。
ダンベル意外にも肩甲骨をゆっくり寄せるように動かしてあげたり、ステッパーを踏む脚はもちろんのこと、二の腕といい、ウエストといい、ほぼ全身がエクササイズに参加するので体とのトータルコミュニケーションを取るには打ってつけですね。BGMに合わせてテンポを早めにしたりスローにしたり、シュッシュッと歯切れよくステップを踏んでいるうちにあっという間の1時間ちょっとでした。
そんなこんなで迎えたウエスト測定は・・・何と、前回よりマイナス1.5cmも絞れていました!この数値は嬉しいですね!やっぱりやることやっていれば体は応えてくれるものと、ますます励みになりました。
次回お待ちかねの定期測定日にはどんな変化が待っているのでしょうか。日々のワークアウトを引き続き積み重ねながら楽しみにしています!


この前ムダ毛を処理していたらあまりに時間がかかりすぎて泣きたくなりました。

私の脱毛方法は主に3種類です。

ピンセットでプチプチと一本一本地道に抜いていく方法と、カミソリでザッ!と一気にそる方法。
そして、電気脱毛器でガラガラ抜いていく方法です。

一番大変なのはもちろんピンセットですが、これが結構な時間が掛かります。
左の両わきをムダ毛処理するとなんと2時間以上かかります。

これはさすがにかかりすぎなんじゃと自分でも思いますが、ムダ毛が濃いので仕方がないのです。
片方のムダ毛を処理しているだけでもすごく疲労感を感じて汗もひたひたと掻きました。

やっと終わったと思ったらまだ片方が終わってないのです。
時間も勿体ないし、途中から目が疲れてしまって霞んで来ました。

本当にこの作業が嫌です。

それを見ていた妹から「さっさと脱毛エステに通えばいいのに」と言われました。
自分でも確かにそうだと思います。

こんなにつかれる作業をするくらいならさっさと脱毛してスッキリしたいです。
今近場の郡山の脱毛サロンを探していて、検討中です。


最近太っちゃいました。原因は知っています。チョコレートの食べすぎです。だっておいしいんですもん…。体重計に乗ってびっくりしました。プ

ラス2キロ!?前のめりになって数値をみてしまいました。

というわけで体育館でランニングを始めることに!行ってみるとたくさん人がいてびっくりしました。

しかも走るの早くない?!ついてけるかな?いや、ついて行く必要はない!マイペースマイペースと自分に言い聞かせ音楽を聴きながらスタート。走るって気持ちいいんだ?とっても清々しい気持ちになりました。周りの人も頑張ってるから自分も頑張れるような感じがしました。

でも周りの方々が速い!ビュンビュン抜かされる…子どもから大人まで、ちくしょう!って負けず嫌いな気持ちが燃えてしまい、速めのペースで走り早々に息が切れてしまいました。しかも慣れてないから後半ひょろひょろだったと思います。笑走った距離はなんと10キロ!

自分的にはすごいと思っています。長く続きますように。


お風呂上りに気軽にできるパックが欲しいと思っていた時に、薬局で「透明白肌ホワイトパック」というシートパックを見つけました。
1袋10枚入り600円ほどと、値段も安かったので購入したのですが、使ってみて非常に使い心地が良かったので気に入ってリピート買いしています。
シートがほかのメーカーのものと比べて厚く、手触りが良いので使いやすいし、サイズも大きめなので顔全体をしっかりと覆うことができます。
シートの質感は大事です。
いくら安くても扱いづらいものなら使う気にもなれません。

また、この商品のよいところは他にもあります。
なんと!このパック顔に乗せておく時間が5分だけで良いのです。
他のメーカーのシートパックは大体10分~15分置かなければならないので、半分の時間で肌がきれいになるというのはとても魅力です。
使うと、肌がワントーン明るくなるのが分かります。

即効性があり、私好みのさっぱりした使用感。
べたつくテクスチャーが嫌いな方には特におすすめです。
無くなったらまた購入したいです。


温かかったり寒かったり、この時期は本当に着るものに困ります。
先日、映画を見に行こうとワンピースを着たのはいいものの、
このまま出かけるのは寒い、かといって冬物のコートではもう暑い、
さて、どうしようとクローゼットの中をしばし眺めてしまいました。

デニムやコットンのジャケットはあるものの、
少々太ってしまったため、羽織ってみると腕がパンパン、
これではちょっとみっともないです。

若い子がよくやるように、ダウンベストなんか重ねてみると可愛いかも…、
と、夫のダウンベストを借りて着てみたら、
いかにも借り物というカンジで、全く似合いません。
そうして悩んでいるうちに、時間はどんどん過ぎていきます。

これくらいなら…、と見つけたのはニットのロングカーディガン、
秋に着るようにかったものなので、色目はダークですが、
ウールのコートよりは軽快に見えるはずです。

昨年の今頃には、デニムやコットンのジャケットを着ていたのかもしれません。
太るということは、オシャレの妨げにもなるのだと、改めて思い知りました。